オートコレクション

ferrari-360-gtc

投稿日:

By Damian Morys from New York City, United States – 360 GTC Fiorano., CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=49163726

V8 Engine

ENGINE
Type rear, longitudinal 90° V8
Bore/stroke 85 x 79 mm
Unitary displacement 448.29 cc
Total displacement 3586.20 cc
Compression ratio 11:1
Maximum power 331 kW (450 hp) at 8750 rpm
Power per litre 125 hp/l
Maximum torque 410 Nm (42 kgm) at 6500 rpm
Valve actuation twin overhead camshafts per bank, five valves per cylinder
Fuel feed Magneti Marelli electronic injection
Ignition Magneti Marelli electronic, single spark plug per cylinder
Lubrication dry sump
Clutch twin-plate
CHASSIS
Frame aluminium spaceframe
Front suspension independent, unequal-length wishbones, coil springs, telescopic shock absorbers, anti-roll bar
Rear suspension independent, unequal-length wishbones, coil springs, telescopic shock absorbers, anti-roll bar
Brakes discs
Transmission sequential 6-speed + reverse
Steering rack-and-pinion
Fuel tank capacity 100 litres
Front tyres 265/645 x 18
Rear tyres 305/680 x 18
BODYWORK
Type two-seater berlinetta
Length 4557 mm
Width 1982 mm
Height 1185 mm
Wheelbase 2600 mm
Front track 1714 mm
Rear track 1573 mm
Weight 1100 kg (dry)
PERFORMANCE
Top speed
Acceleration 0-100 km/h
0-400 m
0-1000 m

-オートコレクション

執筆者:

自動車ローンの金利をチェックせよ!

自動車ローンの金利をチェックせよ!

新車を新しく購入する時は、やはりニコニコ現金払いではなく自動車ローンを利用するのが一般的でしょう。

結論から言いましょう!

お得なのは銀行・信金の自動車ローンです!

例と挙げると、ディーラーローンで金利7.8%、銀行ローンで2.97%、信金ローンで1.7%ほどであり、250万ほどの車を頭金なしで60回払いでローンを組むと、約40万円ほどの差が出るのです。なので、銀行や信金の自動車ローンを利用した方が、総支払額を抑えられますね!ネットでも、仮審査が受けられる銀行・信金もあるので検討してみてください。
>>おすすめの銀行・信金自動車ローンはこちら

おすすめランキング


秘訣その1 安く購入できる時期を逃すな!

a. 自動車を安く手に入れるには、決算期を狙うのは基本!

決算期は、値引きキャンペーンをほぼ展開していますと言っていいでしょう!わからない人のために解説しますが、決算期とは、1~3月の年度末決算期と、8~9月の中間決算期の2度あります。その2度の決算期の時期に購入するのが狙い目です。その他キャンペーンを実施している時期は、12月の年末商戦や6・7月のボーナス商戦の時なので、決算時に購入できないのであれば、この時期を狙うのがいいでしょう!

b. モデルチェンジのタイミングを狙うこと!

もし、あなたが欲しい車種が最新モデルでないとするならば、モデルチェンジの時期を狙えば、旧モデルは大幅な値引きをしてくれる可能性があります。最新モデルが出れば、当然旧モデルはよっぽどのことがない限り人気が落ちます。どのディーラーも旧モデル車の売れ残りは嫌いますから、大幅に値引きしてくれる可能性があります。最新モデルにこだわりが特になければ、モデルチェンジの時期を狙うのもいいでしょう。

 

秘訣その2 ライバル車の見積書を取ることを忘れるな!

狙っている自動車には、必ずライバル車があるといって間違いないでしょう。その車は、競合の他のメーカーの車の場合もあるし、同じ自動車メーカーの場合もあります。
この「合い見積もり」を提示するだけで、数10万円の価格差を生んでしまいます!
なので、時間があるのであれば、数社から見積もりを盛ることをお勧めします!しかし、各ディーラーに行く時間がない、という方もいらっしゃると思います。そんな時間がない方にはインターネットで新車の見積もりを出してくれるサービスがあるので、それを利用してもいいでしょう。ディーラーも登録してるところもあるので、店頭で見積もりをもらうのと何の変わりもありませんので、忙しい方にはおススメの方法です。見積もりのための入力は、60秒で済むので、まずは見積もりを取ってみましょう。

>>おすすめの一括見積サービスはこちら

 

秘訣その3 下取り車はなるべく高く買取ってもらえ!

他車メーカーから相見積もりを取ることは、自動車本体やオプションの価格を抑えるための秘訣ということはお話ししました。では、さらに総支払額を抑えるため秘策をお教えします!

もし、今乗っている車はもう乗らないよ!というのであれば、その車を下取りに出すことで総支払額が抑えられるのは、当たり前ですが、その下取り価格が場合によっては数10万円の開きがある場合があるのです!

今乗っている車が、走行距離が長く、年式も古いのであれば、ディーラーの下取りがおすすめです!一番、高く下取ってくれるでしょう。しかし、今乗っている車の状態がよいのであれば下取りに出すよりも、「買取り」がおすすめです!なぜならば、下取りに比べ、50万円以上も高く買い取ってもらえた例が少ないないからです!

下取りに出せる車があるときは、まず買取価格の相場を知っておかなければ、その価格が高いか安いかわかりませんよね。なので、下取り価格が適正なものかどうかがわかるように、一度買取額の見積もりをとっておくのがおすすめです。いくつかの中古車買取店に一括で買取査定をしてくれるサイトもあるので、時間があまりない方にはこのようなサービスも便利ですね。

>>おすすめの一括査定サービスはこちら

智慧を使って、狙った自動車をできるだけ安くGETしてくださいね!